2021 年度核融合科学研究所共同研究形式研究会プログラム 「パルスパワー技術およびプラズマ・量子ビーム技術の最新動向」にて発表を行いました

2022年1月11日から12日にかけて開催された、2021 年度核融合科学研究所共同研究形式研究会プログラム「パルスパワー技術およびプラズマ・量子ビーム技術の最新動向」にて発表を行いました。

  • 竹崎太智,加藤青吾,小口拓哉,松山準,高橋一匡,佐々木徹,菊池崇志,伊藤弘昭,「中真空領域でのプラズマフォーカス駆動に関する研究」
  • 井上湧次,長谷川純,堀岡一彦,田村潤,高橋一匡,高山健,「クライオ CO2 標的のレーザーアブレーションに関する研究」

  • 高橋 一匡,佐々木 徹,菊池 崇志,「低融点金属を用いた液体金属流ターゲットレーザーイオン源の検討」
  • 菊池 崇志,内田 雄大,中村 誠,梶村 好宏,堀岡 一彦,「重イオン慣性核融合炉設計における炉半径の検討」
  • 渡邊 直人,高橋 一匡,佐々木 徹,菊池 崇志,「重イオン慣性核融合標的のプッシャー層が熱伝導と輻射輸送に与える影響」

論文が掲載されました

大気圧プラズマを用いた液中ナノ粒子合成に関する論文が掲載されました。

  • Van-Phuoc Thai, Nobuo Saito, Tsubasa Nakamura, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, and Takashi Kikuchi,“Effect of voltage polarity and supply frequency on the properties of plasma contacting liquid electrodes and gold nanoparticle synthesis”, Plasma Sources Science and Technology, 31, 015006 (2022)

本論文は、本学分析センターと大島商船高専の共同研究の成果です。

The 12th Asia-Pacific International Symposium on the Basics and Applications of Plasma Technology (APSPT-12)で発表をしました.

12月9日から11日にかけて開催された国際会議The 12th Asia-Pacific International Symposium on the Basics and Applications of Plasma Technology (APSPT-12)で発表をしました.

  • Hikaru Abe, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi and Kazumasa Takahashi, “Discharge Characteristics of Air-Mixed Atmospheric Pressure Plasma Jets”, O1-5
  • Van-Phuoc Thai, Nobuo Saito, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki and Takashi Kikuchi, “Roadmap of Reducing Species from Plasma Contacting the Liquid Electrode in the Gold Nanoparticle Synthesis”, O5-2
  • Atsushi Uchida, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi and Kazumasa Takahashi, “Effect of Applied Voltage on Double-Sided Hydrophobic Coating for PET by Atmospheric Pressure Plasma”, O18-3

なおこの発表で,内田篤くんがPresentation awardを受賞しました.

プラズマ・核融合学会第38回年会にて発表を行いました.

11月22日から25日にかけて開催されたプラズマ・核融合学会第38回年会にて発表を行いました.

  • 渡邊直人,高橋一匡,佐々木徹,菊池崇志,「重イオン慣性核融合燃料標的のプッシャー層の質量が爆縮効率 に与える影響」,24P-5F-04
  • 五十嵐一輝,岩佐百華,高橋一匡,佐々木徹,菊池崇志,「高繰り返し,高出力レーザーを用いたレーザー推進機の推進性能」,24P-5F-05
  • 鈴谷のぞみ,朴 英樹,曽我之泰,佐々木徹,高橋一匡,菊池崇志,「 高密度粒子ビーム模擬実験における高速緩和過程での高速粒子生成率に及ぼす半径方向運動エネルギーの影響」,24P-5F-06
  • 林 哲浩,高橋一匡,佐々木徹,菊池崇志,「重イオン慣性核融合燃料標的の爆縮過程における希薄波の伝搬の影響」,24P-5F-07
  • 米田小梅,板谷梨世,内田雄大,羽原英明,齊藤信雄,佐々木徹 ,高橋一匡 ,菊池崇志.「慣性核融合出力の熱負荷を模擬したパルスレーザーによるタン グステン第一壁内部の結晶粒厚さの変化」,24P-5F-08
  • 板谷梨世,米田小梅,内田雄大,羽原英明,齊藤信雄,佐々木徹 ,高橋一匡 ,菊池崇志「パルスレーザーを用いた慣性核融合炉第一壁へのエネルギー付与模擬実験による炉壁材料表面の観察」24P-5F-09

The 30th International Toki Conference on Plasma and Fusion Researchにて発表を行いました.

11月16日から19日にかけて開催された,核融合に関連する国際会議The 30th International Toki Conference on Plasma and Fusion Research(ITC30)にて以下の発表を行いました.

  • Koume YONETA, Yuki UCHIDA, Hideaki HABARA, Nobuo SAITO, Toru SASAKI, Kazumasa TAKAHASHI, Takashi KIKUCHI,” Crack formation inside plasma-facing materials irradiated by pulsed laser to simulate heat load in inertial confinement fusion system”, 18Cm3 (2021.11)
  • HirotoKATANE, Kakeru MIYAZAKI, Kaoru ISHIKURO,Naoto HARUKAWA, Kazumasa TAKAHASHI, Toru SASAKI, Takashi KIKUCHI, ”Effect of solenoid magnetic field on time evolution of ion beam emittance in laser ion source”, 19Da5 (2021.11)
  • Zhehao LIN, Kazumasa TAKAHASHI, Toru SASAKI, Takashi KIKUCHI, ”Reduction of energy deposition nonuniformity by adjustment of tamper shape in fuel pallet for heavy-ion inertial fusion”, 19Ca2 (2021.11)
  • Naoto WATANABE, Kazumasa TAKAHASHI, Toru SASAKI, Takashi KIKUCHI, ”Effects of radial thermal conduction and radiation transport during fuel pellet implosion in heavy-ion inertial fusion”, The 30th International Toki Conference on Plasma and Fusion Research (ITC30), 19Dm5 (2021.11)

Journal of Applied Physics誌に末松研との共同研究の成果が掲載されました.

Journal of Applied Physics誌に末松研との共同研究の成果が掲載されました.

Hieu Duy Nguyen, Toru Sasaki, Chu Minh Ngo, Yoshinori Tokoi, Thi-Mai-Dung Do, Tadachika Nakayama, Hisayuki Suematsu, and Koichi Niihara, “Equation to determine the sizes of various light and heavy metallic nanoparticles prepared by pulsed wire discharge”, Journal of Applied Physics, 130, 185901 (2021)

本論文はJournal of Applied Physics誌のEditors Pickにも選ばれました.

電気学会論文誌Aに掲載されました

電気学会論文誌Aに大気圧プラズマを用いたフッ素を用いない撥水加工方法に関する論文が掲載されました.

内田篤,佐々木徹,菊池崇志,高橋一匡,「大気圧プラズマとシリコン撥水剤を用いた大面積両面撥水処理」,電気学会論文誌A,141, 11, pp.628-633 (2021)

Physics of Plasma誌に論文が掲載されました

富山大学の竹崎先生(本研究室OB)の論文がPhysics of Plasma誌に掲載されました。

Taichi Takezaki, Seigo Kato, Takuya Oguchi, Shuto Watanabe, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, and Hiroaki Ito, “Effect of multi-ion species on collisionless plasma driven by a compact plasma focus device in perpendicular magnetic field”, Physics of Plasmas, 28, 102109 (2021)

卒業・修了式

2021年9月末日でChata Yorvarakさんが博士課程を修了します.以下の博士論文題目で修了しました.

“Study on Logistics for Disaster Relief Operation in Developing Country using Electric Circuit Similarity”

おめでとうございます.

International Conference on Ion Sources(ICIS2021)にて発表を行いました.

2021年9月20日から24日にかけて開催されたInternational Conference on Ion Sources(ICIS2021)にて発表を行いました.

  • Kazumasa Takahashi, Hiroto Katane, Kakeru Miyazaki, Naoto Harukawa, Kaoru Ishikuro, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, “Generation of proton and carbon ion beam from laser ion source using hydrocarbon oil target”, poster session2, 57
  • Kazuki Igarashi, Momoka Iwasa, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, “Plasma dynamics of 1kHz repetitive laser ion source”, poster session2, 61
  • Kazumasa Takahashi, Yuki Matsumoto, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, “Resolution improvement of electrostatic ion analyzer using additional slit for laser ion source”, poster session1, 76