プラズマ力学の基礎と応用に向けて

プラズマ力学研究室は,物質の第四の状態であるプラズマを適切に制御することで,エネルギー問題や環境問題,宇宙開発,その他様々な基礎及び応用に対してアプローチしています.長岡技術科学大学プラズマ力学研究室では,

  • 核融合(慣性閉じ込め,磁場閉じ込め)
  • MHD発電
  • 次世代航空宇宙用推進機
  • 高エネルギー密度プラズマ物性
  • レーザーイオン源,クラスターイオン源
  • 大気圧プラズマの産業・環境応用
  • 医用応用とその解析
  • 光源開発
  • 基礎プラズマ解析

を軸に,様々なプラズマの発生法,応用法の検討を進めています.また,実験のみならず,プラズマのシミュレーションを通じてプラズマ力学の系統的な理解を深める研究も進めています.

研究紹介動画もご覧ください.