加速器を開発する上で,イオン源はビームの初期電流を決めるだけではなく,ビームの質(ビーム集束,制御のしやすさ)を決める重要な要素技術となります.研究室では,

  • 重イオンビーム慣性核融合用イオン源
  • 産業応用用ガスクラスターイオン源

の研究を行い,その質の評価を行っています.

さらに重イオンビーム慣性核融合では,大電流ビーム制御が必要であることから,実験と数値解析によりビーム圧縮過程のダイナミクスの検討を行っています.