通常,プラズマを点けるためには低気圧の装置が必要であるが,大気圧プラズマを用いることで装置を簡便にすることができます.これまでに,

  • 試料表面の濡れ性,接着性の制御
  • 試料ガス制御による大気圧CVD
  • 特殊電極形状を用いたガス処理システム
  • 微生物の活性・不活性制御
  • ヒトiPS細胞の接着性制御

などの研究を進めています.