卒業・修了式

2021年9月末日でChata Yorvarakさんが博士課程を修了します.以下の博士論文題目で修了しました.

“Study on Logistics for Disaster Relief Operation in Developing Country using Electric Circuit Similarity”

おめでとうございます.

International Conference on Ion Sources(ICIS2021)にて発表を行いました.

2021年9月20日から24日にかけて開催されたInternational Conference on Ion Sources(ICIS2021)にて発表を行いました.

  • Kazumasa Takahashi, Hiroto Katane, Kakeru Miyazaki, Naoto Harukawa, Kaoru Ishikuro, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, “Generation of proton and carbon ion beam from laser ion source using hydrocarbon oil target”, poster session2, 57
  • Kazuki Igarashi, Momoka Iwasa, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, “Plasma dynamics of 1kHz repetitive laser ion source”, poster session2, 61
  • Kazumasa Takahashi, Yuki Matsumoto, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, “Resolution improvement of electrostatic ion analyzer using additional slit for laser ion source”, poster session1, 76

日本物理学会2021年秋季大会にて発表を行いました.

2021年9月20日から23日にかけて行われた日本物理学会2021年秋季大会にて発表を行いました.

  • 佐々木徹, 五十嵐一輝, 岩佐百華, 高橋一匡, 菊池崇志,「高繰り返しレーザーにより発生するレーザーアブレーションプラズマの観測」21aB2-12
  • 菊池崇志, 鈴谷のぞみ, 石井宏, 曽我之泰, 朴英樹, 高橋一匡, 佐々木徹,「軸方向磁場印加領域へ入射した直後の電子群緩和過程で生じる高速粒子の発生について」22pB1-9

電気学会 新エネルギー環境研究会で発表を行いました

9月13日から14日にかけて開催された,電気学会 新エネルギー環境研究会で発表を行いました.

  • 加藤凱吾,高橋一匡,菊池崇志,佐々木徹, ホール型容量結合MHD発電機におけるホールパラメータの出力電力への影響,FTE-21-035

The 8th Euro-Asian Pulsed Power Conference (EAPPC), the 23rd International Conference on High-Power Particle Beams (BEAMS), and the 17th International Conference on Megagauss Magnetic Field Generation and Related Topics (MG-XVII) (EAPPC-BEAMS-MG)にて発表しました.

2021年8月29日から9月2日にかけて開催されたThe 8th Euro-Asian Pulsed Power Conference (EAPPC), the 23rd International Conference on High-Power Particle Beams (BEAMS), and the 17th International Conference on Megagauss Magnetic Field Generation and Related Topics (MG-XVII) (EAPPC-BEAMS-MG)にて発表を行いました.

  • Yuki Narita, Hiroki Ishikawa, Yuki Kumagai, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi, ”Construction of Repeatable Pulsed-Power Load using Liquid Metal with electrode-covered nozzle”, #P3-27 (2021.9)
  • Shuto Watanabe, Taichi Takezaki, Hiroaki Ito, Kazumasa Takahashi, Toru Sasak i, and Takashi Kikuchi, ”Effect of gas species on the plasma flow velocity generated in tapered cone plasma focus device”, #P2-16 (2021.9)
  • Naoto Watanabe, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, Takashi Kikuchi ”Effect of pusher layer for radiation transport in foam layer in heavy-ion inertial fusion”,  #P2-18 (2021.9)

オンラインオープンハウスを実施しました

8月16日-8月20日および8月23日-27日にかけて高専生向けに,オンラインオープンハウスを実施しました.当初は対面実施を意識して,タイトルは「体感!?プラズマ」だったのですが,昨今の環境からオンラインの環境下で5日間の研究活動実習をしました.遠隔環境下で実験,計測,解析,発表の一連の研究の流れを実施し,実習を通じてプラズマを感じることができれば,と思いながらTAの学生さんらが奮闘していました.

遠隔環境下のため,google colaboratoryなどを駆使して,リアルタイムにデータを確認することができたり,解析したり,発表資料を作ったりと,盛りだくさんの内容でしたが,無事に終えることができました.

毎年,プラズマ力学研究室ではオープンハウスを実施していますので,高専生の皆さん,興味があればぜひ参加してみてください.

第18回日本加速器学会年会で発表を行いました.

令和3年8月9日-12日にかけて開催された,第18回日本加速器学会年会で3件の発表を行いました.

  • 佐々木 千尋,菊池 崇志,佐々木 徹,高橋 一匡(長岡技科大),本田 匠(電力中央研究所),松田 朝陽,山内 諒太(佐世保高専),今田 剛(新潟工科大,長岡技科大・極限エネルギー密度工学研究センター),パルス大強度相対論的電子ビーム照射の線量と動物プランクトンの不活化の関係,MOP003
  • 高橋 一匡,片根 弘登,宮崎 翔,春川 直都,石黒 薫子,佐々木 徹,菊池 崇志(長岡技大),炭化水素油ターゲットを用いたレーザーイオン源による陽子および炭素イオン供給の検討,TUP005
  • 中野 竜也,菊池 崇志,佐々木 徹,高橋 一匡(長岡技術科学大学),今田 剛(新潟工科大学、長岡技術科学大学・極限エネルギー密度工学研究センター),パルス大強度相対論的電子ビームの発散角計測系の構築,TUP030

The 5th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP 2021)にて発表を行いました

8月4日から6日にかけて開催されたThe 5th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP 2021)にて発表を行いました.

  • Toru Sasaki, Kazuki Igarashi, Yuki Narita, Momoka Iwasa, Yuki Kumagai, Kazumasa Takahashi, and Takashi Kikuchi, “High-Energy-Density Physics Research in Nagaoka University of Technology” (Invited)
  • Wanakuwaththawaduge Thomas Leon Suganda Fernando, Kazumasa Takahashi, Takashi Kikuchi, and Toru Sasaki, “COAXIAL ATMOSPHERIC PRESSURE PLASMA JET PROPERTY COMPARISON FOR HELIUM AND ARGON GASES”(Invited)
  • Yuki Uchida, Seiki Saito, Nobuo Saito, Tsuneo Suzuki, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, and Takashi Kikuchi, “BLISTER AND BUBBLE FORMATION BY HIGH-ENERGY HELIUM ION BEAM IRRADIATION INTO TUNGSTEN FOR NUCLEAR FUSION”
  • Van-Phuoc Thai, Nobuo Saito, Kazumasa Takahashi, Toru Sasaki, and Takashi Kikuchi, “AC GLOW DISCHARGE ON LIQUID: ITS PROPERTIES AND APPLICATION FOR METAL NANOPARTICLE SYNTHESIS”

高校生講座を実施しました

令和3年8月5日-6日にかけて高校生講座を実施しました.長岡高校の学生とリモートで繋ぎながら大気圧プラズマ実験とその計測を通じて,最終的に発表まで実施してもらいました.実習そのものはオンラインだったので,高校生やTAの学生さんには大きな負担をかけましたが,無事に終えることができました.

電気学会 放電・プラズマ・パルスパワー研究会で発表しました

2021年5月20日から21日にかけて開催された電気学会放電・プラズマ・パルスパワー研究会にて発表を行いました.

  • 佐々木徹,石川大貴,五十嵐一輝,山﨑健将,成田祐貴,岩佐百華,熊谷優希,高橋一匡,菊池崇志,「高繰り返し高エネルギー密度プラズマ発生・計測技術の開発」,EPP21-049